So-net無料ブログ作成
検索選択

[2章3話]東京マラソン2011を振り返る(その2)=スタート位置取り編= [東京マラソン2011参戦記]

工学院大学を出たのは、8時ちょっと前。
学外へでると、割かし寒い。カッパ着ていて正解。
Gateに近づくにつれ、ランナーが超沢山。
カメラも預け入れ袋に入れてしまったので写真なし)
大江戸線都庁前駅から、うようよエスカレーターをランナーが上がってくる。
タイツにランニングスカート姿の女性も多い。
そうだよね、ふつう、ランニングスーツは持ってないもんね、自宅からその姿で来るしかないもんね。
Gateを通過。簡単な手荷物チェック
後ろを見ると、グッチおやじさんがGateで検問に引っかかる。
いやー、写真が無いのが前年。
バッグを預け入れ袋に入れていなかったので、バッグの中身チェックされた模様。
参加3回目の経験者として、アドバイスすれば良かったと反省。
道端で着替えている方多し、吉岡さん着替えどうしたのかなー?
ミールコーナーも人だかり。我々ランナーは目もくれずに先へ歩く。
トラックNoと位置を確認。
グッチおやじさんのトラックは、ABゾーン入口登り坂の手前、自分は後方。
ここでお別れ。
おもったより、トラックが遠くにあり、なかなか到達できず。
ランナーを掻き分け掻き分け、やっと到着。
チップは装着していますか?とのボランティアの確認に、念のためシューズチェック。
再度ひもを縛りなおして、SuperVAAM日本が入った手提げ袋のみ持ってスタート地点へ。
A/Bゾーンへ向かう階段を上る。
都庁前がぱーっと視界開ける。あー、本当にスタートするんだと、感慨無量。
広場に設置されていて、例年は空いているトイレが、今年は込んでいる。
情報が行きわたっているんだろう。
柵を乗り越えて、隣のゾーンの空いているトイレに並ぶ。
あれ?グローブが片方無い?落とし方な~?戻って探す時間は無いのであきらめ。
トイレに入って、『大』しよかとも思ったが、朝ばっちりだったのでパス。
最後の最後で、横着してしまった。大きく反省している。
トイレを出ると、『手袋おとしましたよー』と言われて、拾い上げる。
まあ、仕方ない、暖かいから良いだろうと思って、パンツのポケットへ
しまうと、ありゃsりゃ、ポケットにはグローブが入っている。
どうやら、かっぱの合間にあった模様、うううんん、運が向いてきていると錯覚。
小走りで、Aゾーン入口へ。ゼッケンを見せて、さあ、スタート地点へ。
すでに数列並んでいた。ぼちぼち前へ出れば良いと思い、そのまま列にならぶ。
御約束の、右側のGateの真ん中あたりにスペース確保。
空を見上げると、素晴らしい青空。風もなさそう。
絶好のコンディションに、ほんの少し、目標達成楽勝の思いが出たのは嘘では無い。
その鷹をくくった考えが、また、スタートの失敗へとつながってしまった。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。