So-net無料ブログ作成

東京マラソン2012 《その4》 [日々草々]

スタート直前
  新宿スバルビル B1 新宿の目 で待ち合わせ。
  7時ちょいすぎに、加藤さん到着。
  綺麗な奥様も一緒。
  いまヒロさんは、ちょっと遅刻するとのメールあり。
  地下通路を渡って工学院大学へ向かう。
  が、ことしはランナーの出足がはやく、
  すでに相当数のランナーが入り口Gateへ向かっている。
  我々は、Gate手前の工学院大学の1Fで時間調整。
  教壇が、床暖房で暖かく、体調はまあまあ。
  加藤さんの奥様からカステラを頂いたので
  2個食べる。持参したお持ちは食べない事にした。
  トイレに行くも、大 は出る気配なし。
  陀羅尼助が利いたのかもしれないが、
  下痢の心配はどうやら、なさそう。
  あれだけ、お腹を空っぽにしたので、
  この程度の食べる量なら大丈夫だろうと、
  自分に言い聞かせる。

  自宅から持参した、暖かい麦茶を飲みながら
  体調チェック。
  行ける、大丈夫。
  着替えをして、8時前に
  いまヒロさんと、Gateへ向かう。 

  お約束の、11番荷物トラックを探す。
  4回共に11番トラックだので、勝手は分かっているが
  なにせ、ランナーの行動が例年より早いので
  結局、Aゾーンに整列できたのは、8時15分。
  すでに、10数列並んでいる。
  ずりずりと前へ進むが、スタート位置から数列は
  ランナーが座り込んでいるので、
  ことしは、10列スタートとなった。

  すこし、小用をしたい感じがするが、
  緊張感が原因と思われたので、
  トイレに行かずに、号砲を待つ。

  吉田先生、SAMさん、高津戸陸上部顧問を
  さがすが、みあたらず。

  隣には、別大を2時間30分台で走ったらしいランナーが
  なんと、コートを着て座って待機している。
  これが、本物ランナーなんだと、納得。
  自分は上下共に100円カッパ着用。
  寒さをしのげるが、暖かくは無い。
  本当に狙う大会ならば、おとなりのランナーの姿勢を
  みならうべきと思った。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0