So-net無料ブログ作成
検索選択

東京マラソン2012 《その1》 [日々草々]

2月初旬
  別大マラソンを心底楽しんだので、
  心も 体も フル充電状態だった。
  が、そこに大きな落とし穴が。
  1月以降、微熱が続き医者に通うも、
  『たんなる、風邪でしょ』の診断。
  朝起きると37度前後で、
  夕方になると38度程度まで上がる繰り返し。
  体調が良い時を見計らって、ジョグ。

2月中旬
  大会前の調整。
  12日:AASP練習会。
      わりと体が動いて、
      Kインターバルトレーニングで、
      3"40'程度まで上げる事ができた。
      この体調なのに、体は出来上がっていると実感。
      しかし、この無理がたたったのか
      また、体調不良の波が押し寄せてくる。
  18日:SAMさんとの合同練習。
      K4分程度で走る事ができた。
      思ったより体が動いてくれている。
      一旦ペースを落として、上げるメニューもこなせた。
      じつは、ここが体調のピーク。
  19日:AASP練習会。
      東京マラソンシミュレーション。
      10Km以降失速。
      体の疲れがピークに達していた模様。
      距離を踏めていないので、
      体のキレが無いのがわかった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京マラソン2012 《その2》 [日々草々]

東京マラソン直前週
   なんと、また、微熱発症。
   職場ではインフルエンザが大流行。
   インフルエンザ簡易検査は、陰性。
   ほとんど、走れる状態では無い。
   とは言っても体を動かさないとまずいと思い、
   水曜日(22日)に、超ゆっくりなジョグを1時間。
   AASP練習会の走りが信じられない程に、体が動かない。

   微熱と共に、下痢も発症。
   会社は休めないので、食べ物・飲み物は
   体調が良い時を狙って飲食する。

   木曜日(23日)、東京マラソンExpoへ。
   楽しむつもりが、2時間程度歩くだけで疲れが出てしまう。
   帰りの電車乗り継ぎも悪く、体を相当冷やしてしまった。
   帰り際に、ローソンへ駆け込んで難を逃れる。
   自宅へ帰って、ほんとに、落ち込む。
   本当に、参加できるんだろうかと。
   
   金曜日、微熱は収まったが、体が重い。
   東京マラソン勇気ある棄権もありかもと、
   悲しみが脳裏をかすめる。
   会社では、笑顔でがんばります!と言っては見たものの
   フルを走り切る不安要素が沢山ありすぎ。

   土曜日、雨。
   昼過ぎに雲が薄くなってきたので、
   いちかばちかで、調整ジョグへ出かける。
   300mほどをK5分程度で走ってみると
   まあまあ、脚が動いたので、
   明日の大会出場は大丈夫だろうと判断。

   フルマラソン参戦初めての、
   ロング(保温)シャツを着て走ることに決めた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京マラソン2012 《その3》 [日々草々]

東京マラソン大会当日
  4時半前に起床。
  昨晩は、10時前に就寝したらさっと寝付けたので
  まあまあの気分で起きれた。
  
  前日購入した、切り餅を焼いて食べる。
  お約束の安倍川餅にして。

  先週は、下痢も発症していたので、
  どの程度食べても良いのかわからず
  ゆっくりとお腹を確認しながら食べる。
  普段の大会であれば、自宅で8枚程度
  号砲1時間前にもう2,3枚食べるのだが
  お腹の不安があるので、朝は6枚食べるに留めて
  のこりは、保温パックに詰めて現地で食べる事にする。
  そのかわり、カロリーメイト系をちょっとたべた。
 
  普段であれば、水も相当量のむのだが、
  普段の生活通りに、暖かい麦茶を飲むに留める。

  6時の総武線に乗車。
  ランナーがちら、ほら。
  すでに、走り出せそうな格好の方もいる。
  現地の工学院大学で着替える予定なので、
  Gパン姿。
  錦糸町で、やはり、ランナーの集団が乗車してくる。
  みんな、顔つきからして、紅潮しているのがわかる。
  でも、自分は、ひたすら自身の体が変調起こしていないか
  チェックの繰り返し。
  
  不安と期待が入り混じるってのは、ほんと、こう言う事かと実感。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京マラソン2012 《その4》 [日々草々]

スタート直前
  新宿スバルビル B1 新宿の目 で待ち合わせ。
  7時ちょいすぎに、加藤さん到着。
  綺麗な奥様も一緒。
  いまヒロさんは、ちょっと遅刻するとのメールあり。
  地下通路を渡って工学院大学へ向かう。
  が、ことしはランナーの出足がはやく、
  すでに相当数のランナーが入り口Gateへ向かっている。
  我々は、Gate手前の工学院大学の1Fで時間調整。
  教壇が、床暖房で暖かく、体調はまあまあ。
  加藤さんの奥様からカステラを頂いたので
  2個食べる。持参したお持ちは食べない事にした。
  トイレに行くも、大 は出る気配なし。
  陀羅尼助が利いたのかもしれないが、
  下痢の心配はどうやら、なさそう。
  あれだけ、お腹を空っぽにしたので、
  この程度の食べる量なら大丈夫だろうと、
  自分に言い聞かせる。

  自宅から持参した、暖かい麦茶を飲みながら
  体調チェック。
  行ける、大丈夫。
  着替えをして、8時前に
  いまヒロさんと、Gateへ向かう。 

  お約束の、11番荷物トラックを探す。
  4回共に11番トラックだので、勝手は分かっているが
  なにせ、ランナーの行動が例年より早いので
  結局、Aゾーンに整列できたのは、8時15分。
  すでに、10数列並んでいる。
  ずりずりと前へ進むが、スタート位置から数列は
  ランナーが座り込んでいるので、
  ことしは、10列スタートとなった。

  すこし、小用をしたい感じがするが、
  緊張感が原因と思われたので、
  トイレに行かずに、号砲を待つ。

  吉田先生、SAMさん、高津戸陸上部顧問を
  さがすが、みあたらず。

  隣には、別大を2時間30分台で走ったらしいランナーが
  なんと、コートを着て座って待機している。
  これが、本物ランナーなんだと、納得。
  自分は上下共に100円カッパ着用。
  寒さをしのげるが、暖かくは無い。
  本当に狙う大会ならば、おとなりのランナーの姿勢を
  みならうべきと思った。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京マラソン2012 《その5》 [日々草々]

東京マラソン2012、スタート

  招待選手が都庁前通路から、スタートラインへ入ってくる。
  川内の声援が多数あがる。
  『日本記録だせ!』の掛け声に、笑いが起きる。

  つくば大学の、三輪さんの姿も見つけた。
  あいかわらず、超細い。

  例年通り、9時ちょっと前からオープニングセレモニー
  石原都知事の挨拶。
  生きてゴールせよと。
  天気はちゃんと用意したと。
  合唱団の 君が代 斉唱も胸が熱くなる。
  車椅子のスタートは、事は遠くて見えない。

  スタート1分前コール。
  腕時計のリセット確認して、その瞬間を待つ。
  かすかに聞こえる号砲、
  スパーランナーズのスタートスイッチを押して、
  さあ、東京マラソン2012の開幕。
DSC_0140.jpg  例年と違い、後方スタートなので、
  紙吹雪の中を走った。
  ハート型の紙吹雪の塊をすくい上げて、
  記念にポケットへしまう。

  いまヒロさんと並走する計画。
  K4分40秒から50秒で設定。
  が、やはり、東京マラソン、
  スタート直後の大声援に
  一気にヒートアップ。
  なんら苦しくもなく、普段のジョグ程度かと思いきや、
  なんと、
  K 4分を切っていた模様。
  お祭りなのでいつもこうなってしまうのだが、
  あまりにも、入りが速すぎた。
  いまヒロさんと歩調を合わせながら、
  徐々にシフトダウンして、設定ペースまで落としていく。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京マラソン2012 《その6》 [日々草々]

スタート~10kmまで
地点名
Point
スプリット (ネットタイム)
Split (Net Time)
ラップ
Lap
通過時間
Time
5km00:23:14 (0:23:03)0:23:0309:33:14
10km00:47:27 (0:47:16)0:24:1309:57:27


   新宿の下りはいつもながら、ペースアップしてしまう。
   新宿通りは、お約束の左側通行。
   ことしは、左側を走るランナー多かったなー。
   3km地点の曙橋で、HAYASHIさんを見つけるがわからず。
   
   防衛省の音楽隊はいつもながら良い音色。
   脚、肺、全身違和感は無し。
   サブ3ペースメーカーに抜かれる。
   数十人はいるであろう、大集団で走っている。
   走りづらくないかなー。

   相当数のランナーに抜かれるが、ペースが安定するまで
   抑えて抑えて、我慢のはしり。
   K4分50秒程度まで落ちたりするが、
   5Kmつうかは、まあまあのペース。
   第一給水はパス。
   7km地点での、武藤先輩の給水場までひた走る。

   外堀通り、例年より観客が少ない感じがする。
   やはり、寒さの影響なのかな。
   飯田橋を大きく右に折れて、
   ビルの合間へ。天気が良ければ気温がさがる場所だが
   ことしは、曇なのであまり変化なし。
   ラップの上がり下がりはあまり気にせずに進む。

   7km地点の第二給水場で、武藤先輩みつからず。
   水を口に含んで、すすぐ程度にする。
   ほんの少し水を飲んでみる、お腹は大丈夫そうだ。

   これといった仮装ランナーは見かけなかったが、Tokyo_2012_皇居.jpg   
   ことしもスーツにビジネスバックをぶら下げて走る
   サラリーマンが居た。
   わりかし、良いペースで走っている。
   大きな声援を浴びて、嬉しそうだった。

   竹橋から、皇居へ。   寒い。
   ネックウォーマーをしていて正解だった。
   10kmマラソン専用の右レーンが見えてくる。
   手先が冷たく、体の暖まりが遅い。
   声援が近い、左側を走る。
   トイレの不安は無し。
   あっと言う間に、日比谷公園。
   ペースは、K4分50秒程度。
   設定通りなので良しなのだが、
   このペースの割には、脚のダルさがちょっと気になりだす。
   左膝にちょっと違和感を覚えるが、
   問題ないレベル。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京マラソン2012 《その7》 [日々草々]

10km~15km

点名
Point
スプリット (ネットタイム)
Split (Net Time)
ラップ
Lap
通過時間
Time
5km00:23:14 (0:23:03)0:23:0309:33:14
10km00:47:27 (0:47:16)0:24:1309:57:27
15km01:10:59 (1:10:48)0:23:3210:20:59

  日比谷公園過ぎて、新橋、第一京浜へ。
  ぼちぼち、ペースアップしようかと思うが、我慢。
  全体的に、同じペースのランナーが集まってきた感じ。
  体もこなれてきて、走りやすい。
  (今回のマラソンで、一番調子が良かった場面)
  
  増上寺あたりは、今年も観客が多い。
  東京!って感じがとてもする。

  第一京浜に入ってすぐ、Tokyo_2012_折り返し.jpg
  『オオツカさーーーん、がんばってーーー』
  の大きな声援。振り返っらナッキーだった。
  一気にテンション上って、アドレナリン爆発!
  が、いまヒロさんと同伴なので、ここも自重。

  そして、間もなく、
  『オオツカさーーーん』
  の声援。マキさんだった!
  ありがとう!
  とうとう、ブレーキが外れて、
  K4分40秒ペースまで上げてしまう。

  いまヒロさんすみません、
  品川折り返しまで、
  一人旅になっていた事にきづきませんでした。

  品川折り返しは、これも お約束通り
  写真写りを考えて、大回り。
  ガッツポーズを決める!

  東京マラソン2012 ベストショット!

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京マラソン2012 《その8》 [日々草々]

~ハーフまで

地点名
Point
スプリット (ネットタイム)
Split (Net Time)
ラップ
Lap
通過時間
Time
5km00:23:14 (0:23:03)0:23:0309:33:14
10km00:47:27 (0:47:16)0:24:1309:57:27
15km01:10:59 (1:10:48)0:23:3210:20:59
20km01:34:30 (1:34:19)0:23:3110:44:30

  折り返し後は、向かい風。
  集団の中で走ろうかとも思ったが、
  ちょっとペースが合わないので
  センターライン脇を走る。
  普段なら気になら無い程度の風速だが
  煽られる感じがする。
  なんか、お腹が冷えてきた感覚もあり。
  ブトウ糖の摂取を開始する。 

  17km地点でまたもや、
Tokyo_2012_増上寺前.jpg  『オオツカさん、ガンバって!』
  の声援。反対側を走っている、
  西谷さんだった。
  脚の調子は良さそうだったので安心。

  第一京浜沿いも、例年より観客が少なかった感じ。
  三田に戻って、
  写真スポットをさがす。
  東京タワーを背景に写真を取るのも
  お約束ごと。
  
  この辺で、左膝に痛みがでてくる。
  通常感じる痛みなので、ペースは落とさずに進む。
  
  20kmが1時間34分台。
  つくばと比較すると9分以上遅い。
  が、脚が重くなってきている。
  フラット着地ができなくなってきた。
  日比谷を右折して、晴海通りへ、
  さあ、銀座へまっしぐら。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京マラソン2012 《その9》 [日々草々]

~30km
地点名
Point
スプリット (ネットタイム)
Split (Net Time)
ラップ
Lap
通過時間
Time
5km00:23:14 (0:23:03)0:23:0309:33:14
10km00:47:27 (0:47:16)0:24:1309:57:27
15km01:10:59 (1:10:48)0:23:3210:20:59
20km01:34:30 (1:34:19)0:23:3110:44:30
25km01:58:03 (1:57:52)0:23:3311:08:03
30km02:23:06 (2:22:55)0:25:0311:33:06


   銀座4丁目を左折。Tokyo_2012_高島屋前.jpg
   とうとう来たー、今年もここを走れるー。
   嬉しさがこみ上げてくる。

     まもなく、トップランナーとすれ違う。
   芝では確認できた、川内がいない。
   何人もすれ違ったのに、川内がいない。
   日本橋あたりで、相当苦しそうな川内と遭遇。
   失速している感じが読み取れた。

   茅場町、水天宮へ向かう。
   川を渡る橋がやは、きつい。
   なんて事無い橋なのに、靴の先端が
   どうしても地面を擦ってしまう。
   腿が上がらなくなってきている証拠。

   26キロ地点には、
   会社の応援団が待ち構えている予定。
   そこまでは、このペースを守ろうと誓う。

   芝で感じた左足の痛みは消えている。   

   ラップの上がり下がりあるが、全体には一定ペース。
   (後から知ったが、5キロラップが1秒違いってものすごい)

   水天宮越えて左折するが、
   前方に周りとは雰囲気が違う集団を発見。
   あー、応援団だ!
   大きく膨らみながら左折して、
   はっきりと分かるように手を挙げる!
   声援がはっきりと聞こえる。水天宮前_2.jpg
   ほんとに、嬉しくなった。
   テンションは最高潮!
 
   このあたりから、
   徐々にお腹が重くなってきた。
   放屁が頻繁になってきた。
   とても、棄権な兆候。
   給水は飲まずに、口をすすぐだけにする。

   反対車線に、
   AASP応援団がいるはずだが、
   探すことできず。

   

水天宮前_1.jpg


   浅草。
   今年は余裕を持ってスカイツリーが見れた。
   が、ここで脚が止まった。
   雷門前を右折。
   スカイツリーが切れいだ。
   ペースを戻そうとするが、
   脚がどんどん重くなっていく。

   お腹もどんどん張っているのが分かる。
   非常に不安な間隔。
   兎に角、AASPステーションまでは
   がんばろう、と思いつつ走る。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京マラソン2012 《その10》 [日々草々]

~35km

地点名
Point
スプリット (ネットタイム)
Split (Net Time)
ラップ
Lap
通過時間
Time
5km00:23:14 (0:23:03)0:23:0309:33:14
10km00:47:27 (0:47:16)0:24:1309:57:27
15km01:10:59 (1:10:48)0:23:3210:20:59
20km01:34:30 (1:34:19)0:23:3110:44:30
25km01:58:03 (1:57:52)0:23:3311:08:03
30km02:23:06 (2:22:55)0:25:0311:33:06
35km02:52:40 (2:52:29)0:29:3412:02:40


  31km過ぎて AASPステーション探すもわからず。Tokyo_2012_明治屋前.jpg  給水所が迫り、見失ったかと思ったら、
  その先に、皆々様を発見。
  ハイタッチして元気をもらう。
  あべコーチにも励ましてもらった。
  さあ、ここからだー、と気合を入れ直す。

  そして
  水天宮前。
  会社の応援団から、黒糖(上級品)をもらう。
  正直食べようか迷ったが、
  包みを広げて口にほうばる。
  あまさ控えめで、柔らかく美味しい。
  とても元気が出てきた、

  その、矢先、

  お腹が妙に重い。
   どんどん重くなる。
  放屁もどんどん間隔が短くなってくる。
  茅場町を過ぎて、とうとう、お腹が痛くなってくる。
  と共にトイレに行きたくなる。
  なかなか、トイレマークが見つからない。
  日本橋手前で、本当に痛くなってくる。
  やっとトイレを探しだすが、
  気持ちも悪くなってくる。
  係員が制止する仕草をしていたが、
  観客を横切って、トイレへ。Tokyo_2012_銀座4丁目.jpg  すっきりとはしたが、
  お腹の痛さが残っている。
  (ロスタイム 3分)

  ストレッチして、走りだすが、
  チカラが入らない。

  無理せずに、一旦ペースを落とす。
  せっかくの銀座通りを、
  悲しい気持ちでいっぱいになる。
  さらに、ジョグペースまで落とす。

  ここまで来ているので、
  目標を完走に切り替える。

  ジョグペースになったら、
  お腹の痛みも治まってきた。
  このままなら、Goalまでは行けそう。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京マラソン2012 《その11》 [日々草々]

~Goal
   

地点名
Point
スプリット (ネットタイム)
Split (Net Time)
ラップ
Lap
通過時間
Time
5km00:23:14 (0:23:03)0:23:0309:33:14
10km00:47:27 (0:47:16)0:24:1309:57:27
15km01:10:59 (1:10:48)0:23:3210:20:59
20km01:34:30 (1:34:19)0:23:3110:44:30
25km01:58:03 (1:57:52)0:23:3311:08:03
30km02:23:06 (2:22:55)0:25:0311:33:06
35km02:52:40 (2:52:29)0:29:3412:02:40
40km03:26:23 (3:26:12)0:33:4312:36:23
Finish03:40:51 (3:40:40)0:14:2812:50:51


  佃大橋は、ほとんど歩いて登る。
  3時間半のペースメーカーにも抜かれる。

Tokyo_2012_佃大橋.jpg  体は元に戻った感があるが、
  別大以降の体調不良が頭をよぎる。
  むりせず、ファンランに切り替え。
  沿道の声援を浴びながら、
  景色を楽しみながら、
  ゆっくりと走る。

  豊洲手前で、hayashi さんと会えた。
  ちょっと話をしようと近寄ったら、
  『何やっているのよ、走りなさいよ!』
  と負い戻される。
  でも元気が出た! 声援、ありがとう!

  残り5kmの標識。
  去年は、ここから粘りに粘って走った事を
  思い出した。
  もう、あれから、1年なんだなー。
  エイドでマーブルチョコレートを頂く。
  うんん、これも、東京マラソンの味だな。

  40km過ぎて、ちょっと怖かったが
  最後の給水する。
  そすると、
  『オオツカさーーーん』の声援、
  またまた、マキさんだった。
  ありがとーーー!

  計時は3時間30分を回った。
  まずは、無事ゴールする事が大切。

  癌研前の上り坂も、辛かった。
  走る辛さでは無くて、
  体調が万全でこの坂を登れなかった悔しさ。Tokyo_2012_ビッグサイト手前.jpg
  ビッグサイトのラストの直線。
  自然と笑顔が出てくる。
  右折して、Goalへ。
  今年は、 門が立っていて
  一瞬Goalかと勘違いしてしまった。

  ゴール。
  
  振り返って、
    運営のみなさん
    ボランティアの皆さん
    沿道で声援を頂いた皆さん
  へ感謝のお辞儀をして
  
  東京マラソン2012は幕を閉じた。 

 

Tokyo_2012_Goal.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢の実現 [日々草々]

予てから申し込んであった、夢の実現.jpg順天堂大学スポーツ医学研究会主催
市民講座 『夢の実現』を拝聴した。
講師は、恩師 小出監督。

いつも通り見たからに
『焼酎』 を煽っているんでは無いか?
と言った感じの喋りの雰囲気。

金メダリストを育て、
東京マラソンを提案したその思いを
とことん聞くことができた。

人を育てること
人の能力を引き出すこと
人に感動を与えること

小出監督、
ありがとうございました。

『夢の実現』へ向けて
資力を尽くしたいと思いました。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

来年度の陸連登録 [日々草々]

とうとう、ここまで来たか。

まあ、会社の当期純損益が460億円の赤字。

なので、陸上部の存続も怪しい。

東京都陸協に長きに渡って実業団登録してきたが、

そろそろ、潮時か。

まあね、実業団と言っても 

フルマラソン2時間30分台が居ないからね。

来年度はどうしようかな。

トミクラブで登録するか、東京都陸協で単独登録するか、

思案中。 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感